2

東京の「ブランド住宅地」と「似非ブランド住宅地」をスマホで簡単に見分ける方法

2018年9月25日 11時00分

 ブランド住宅地と呼ばれる街があるが、ブランド住宅地というのはどのように形成されてきたのだろうか。たとえば東京には「山の手」と「下町」という呼び方がある。「山の手」という言葉にはブランド住宅地としての風格が漂う。山の手言葉といえば、どこか上品な響きがある。では東京の「山の手」とはどこら当りを指すのだろうか。


■江戸時代に誕生した「下町」

 東京は江戸時代には江戸城近辺から西の武蔵野台地に向かって切り開かれ、そこに多くの旗本や藩士が住みついた。江戸城の東は低地になっていて災害などには弱い構造になっていたため、武士は住まずにもっぱら町人が住む街となり、これを「下町」と呼ぶようになった。



 明治時代になると江戸は東京府とその名称を変えるが、山の手にあった幕臣たちが住む武家屋敷の多くは接収されて、維新政府の関係者やそれを支援する財閥、文化人や資本家の手に渡ることになった。権力の移転は街の住民の入れ替えにつながるのだ。東京の一等地を我が物にした彼らはその地に邸宅を建設していったのだが、このことが後の高級ブランド住宅地としての「山の手」を生んだのである。


■「老舗の山の手」と呼べる街とは?

 さて東京の山の手は具体的にどこなのだろうか。東京府は1878年(明治11年)に府内に15の区を設けている。区名は麹町、神田、日本橋、京橋、芝、赤坂、麻布、四谷、牛込、小石川、本郷、浅草、下谷、本所、深川の15区だ。このうち山の手と呼ばれたのは四谷区、牛込区から麹町区、赤坂区、麻布区近辺、さらに北に向かって小石川区、本郷区あたりまでを指したようだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「東京の「ブランド住宅地」と「似非ブランド住宅地」をスマホで簡単に見分ける方法」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    スマホいらずでも、見分けられないか?

    3
  • 匿名さん 通報

    アプリ名を記載しろよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!