0

大学生を持つ家庭の世帯年収はいくら?

2018年10月10日 11時30分
大学生がいるご家庭では、教育費負担にあえいでいる世帯も少なくありません。大学生を抱える世帯の年収はどれくらいでしょうか? 2020年の高等教育無償化を前に、考えてみましょう。


■大学生を持つ家庭の年収830万円
日本学生支援機構の「平成28年度学生生活調査」で、大学生(4年制大学、昼間部)のいる家庭の平均年収がどれくらいかを見てみましょう。

まず、全体の平均額は830万円となっており、平成26年の前回調査よりもややアップしています。

<大学生を持つ家庭の平均年収>
平均……830万円(平成26年比+6万円 )(日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査」より)


■親の年収、国立大が初めて私立を上回る!?
大学を国立、公立、私立に分けて見たときの、家庭の世帯年収の平均は下表の通りです。

2年前の調査と比べると、国立大生のいる世帯年収が2万円アップして841万円、私大生のいる世帯年収834万円を上回っています。家庭の世帯年収に関して、私立を国立が上回ったのは2年前の調査からです。

公立大学の世帯年収は730万円と最も低く、2年前より少し下がっています。

<大学生を持つ家庭の平均年収>(カッコの数字は平成26年比)
国立……841万円(+2万円)
公立……730万円(-3万円)
私立……834万円(+8万円)
(日本学生支援機構「平成28年度学生生活調査」より)

本来、年収が低くても公平に入れるはずの国立大学に、年収が高い層の子供たちが多く通い、しかも、安い学費で大学に通っていることになります。

「大学生を持つ家庭の世帯年収はいくら?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!