0

「スジの悪い失敗」をしない成功者流の考え方

2018年10月12日 12時20分

■スジの悪い失敗をどう避ける?
失敗にはスジの良し悪しがあります。ここでは「スジの悪い失敗をしない」ための方法論にフォーカスしていきます。


■失敗を隠すのではなくオープンにする
悪い失敗を避けるには、自分の失敗をオープンにすることです。失敗を隠そうとすると、「人にどう思われるか気になる」「こう思われたらどうしよう」などと、周囲の目を気にして再挑戦に怯えてしまうでしょう。

しかし失敗を認めてオープンにすれば、周囲からは批判よりもフィードバックを受けられるかもしれません。仮に最初は責められたとしても、自分の責任を認めて改善を目指す真摯な姿勢を見せることは、後々「潔い」という評価になるかもしれません。これは「失敗を受け入れる」度量がなければできないことですが、それを繰り返すと、「失敗は恥ずかしいことではない」という強いメンタルが鍛えられます。

仕事であれば自分のチームや組織内で、プライベートであれば友人や家族と、自分の失敗を思い切ってシェアしてみることです。周囲の意見によって、失敗に対する捉え方に気づきが得られる場合もあれば、良い助言をもらえることもあるでしょう。

仕事上の機密やプライバシーに関連しない失敗なら、SNSなどでカミングアウトしてみる。すると、リア充アピールの投稿にうんざりしている知人友人たちが、いろんな意見、そして励ましをくれるはずです。


■難しいけど再起不能にならない目標設定をする
以前、スジの悪い失敗のひとつに、「心が折れて再起不能になること」を挙げましたが、これを防ぐ方法のひとつは、達成できないことはないけど簡単ではないという、自分の能力で届くか届かないかというギリギリのラインの目標を設定して取り組むことです。

「「スジの悪い失敗」をしない成功者流の考え方」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!