0

バレない美容医療──ウルセラ治療で男のたるみを改善

2018年10月12日 05時00分

若々しさを保ち、仕事相手や女性に好印象を与えたい大人の男性にとって、顔のたるみは特に気になる部分だろう。とはいえ、メスや針を用いる美容整形には抵抗がある。そんな人には、超音波を肌に照射してたるみを改善する「ウルセラ治療」という手もある。ウルセラ治療とはどんな施術法なのか。クロスクリニック銀座院長の石川浩一さんに聞いた。

■ウルセラ治療はメスを使わず、超音波によって男の顔のたるみを改善する
ウルセラとは「超音波を使った切らないリフトアップマシン」のこと。大人の男性にとっては聞き慣れない言葉かもしれない。ウルセラ治療とは次のようなものだという。



「ウルセラ治療は、高密度焦点式超音波(ハイフ)を利用した治療法です。加齢によりコラーゲンが減り、たるんでしまった皮膚内部へ超音波の熱エネルギーを点状に集中させると、熱による小さな損傷が皮膚下で起きます。そのダメージを受けた部分を治そうとして、新たなコラーゲンが生成されることで、たるみを改善するというメカニズムです」(石川先生、以下同)



これまで手術でしか治療できなかった「SMAS(スマス)筋膜」という部分を、切らずにマシンによって照射治療することで、リフトアップできるのがウルセラの特徴だ。


■ウルセラ治療の費用は1回で26万4400円。効果が持続するのは半年~1年半
ウルセラ治療の特徴は超音波の照射の深さを設定できる点にもある。



たるみ改善に効果が得られるのは、スマス筋膜に届く深さ4.5mm、コラーゲンなどの生成に関わる真皮層に届く深さ3.0mm、即効で肌の引き締め効果が実感できる深さ1.5mmの3つ。

「バレない美容医療──ウルセラ治療で男のたるみを改善」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!