0

これは意外! ハンドソープを“汚れ落ち”で選んじゃダメな理由

2018年10月12日 05時00分

ハンドソープの基本(?)は、やっぱり汚れがどれだけ落ちるかということ。今回は、16種類のハンドソープの汚れ落ち能力を検証しました。すると、なんと「ほとんどの製品に差がない」という意外な事実が……。


殺菌力も気になるけど、まずは
「汚れ」が落ちるものが知りたい!



連日お届けしております、薬用ハンドソープ特集。今回は「いかに汚れを落とせるか」という点に着目し、テストをいたしました。

過去記事はこちら!


検証方法は次のとおりです。

まずは油性の塗料を塗った人工皮膚に、泡立てたハンドソープを30秒間なじませ、その後流水で30秒間すすぎます。



そして、洗浄前後の数値を色差計で測定しました。数値の大きいものほど高評価となります。



ちなみに、下にあるのがハンドソープを使わず、水だけで洗った場合の画像です。
数値は「10.8」でした。



【テスト結果発表!】
洗浄力はほぼ横並びでした


下の表が、16製品の洗浄力をテストした結果です。結論からいうと、汚れの落ち具合に大きな差はありませんでした。



第1位「キレイキレイ・泡タイプ」の数値は「34.8」、最下位「キレイキレイ・液体タイプ」は「22.5」。1位から16位までのすべての製品で、水だけで洗った場合「10.8」の2倍以上の数値が出ていました。

つまり、どの製品も、水だけで洗うより2倍以上汚れが落ちていたのです。


洗浄力ナンバーワンは
泡タイプの「キレイキレイ」


16製品の洗浄力に大きな差はなかったものの、上位には泡タイプが集中。2位の「ビオレu 泡ハンドソープ」と少し差をつけ、「キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ」が第1位となりました。



ライオン
キレイキレイ 薬用泡ハンドソープ
実勢価格:251円/250ml


平均レベルでも実力十分
「ビオレu アロマタイム 泡ハンドソープ」


順位は真ん中の8位となりましたが、上位と大きな差はなく、問題なく汚れを落とすことができました。



花王
ビオレu アロマタイム泡ハンドソープ
実勢価格:272円/230ml

※商品デザインは変更されています


「キレイキレイ」液体タイプが
まさかの最下位に


1位と同じブランドなのに、液体タイプはまさかのワースト評価に。

「これは意外! ハンドソープを“汚れ落ち”で選んじゃダメな理由」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!