0

ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/13京都・10/14東京)

2018年10月12日 15時10分
【今週デビューの注目馬】

☆モンドヌーヴォー

 2018年10月13日(土)京都第5R芝1600m戦に出走予定のモンドヌーヴォー。馬名の由来は「新しい世界(仏)。母名より連想」。牡、黒鹿毛、2016年2月24日生。栗東・藤岡健一厩舎。父ハービンジャー、母ラフォルジュルネ、母父スペシャルウィーク。生産は白老町・社台コーポレーション白老ファーム、馬主はキャロットファーム。愛馬会法人・キャロットクラブの募集馬で総額3400万円。母は芝の中距離で4勝を挙げた。叔父には12年弥生賞(GII)で3着に入り、全5勝を挙げたアーデント(父ディープインパクト)や、叔母には16年クイーンS(GIII)で2着となり、全4勝を挙げたシャルール(父ゼンノロブロイ)がいる。本馬は、ハービンジャー産駒らしい、がちっとしたフォルムと緩さはあるが、芯がしっかりしているため、その走りはブレが少なく安定感抜群。追い切りでは外を回り、馬なりのまま併走馬より前へ出て、そこから仕掛けられるとストライドが伸びてあっという間に突き放す素質を感じさせる走り。将来性はもちろんのこと、初戦から期待できる。なお、鞍上は松若風馬騎手。

☆グリグリ

 2018年10月14日(日)東京第3R芝1600m戦に出走予定のグリグリ。馬名の由来は「回し動かすさま。二重丸」。牝、鹿毛、2016年2月4日生。美浦・奥村武厩舎。父オルフェーヴル、母フラニーフロイド、母父Freud。

「ハッシーの中央競馬新馬セレクション(10/13京都・10/14東京)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!