0

役に立たない「リサーチ」と「データ分析」はなぜ生まれるのか?

2018年10月12日 19時00分

現代のビジネスにおいて、必要不可欠なものとなった「マーケティングリサーチ」と「データ分析」。

価値観の多様化や変化のスピードの高速化に企業側が振り回されないよう、市場を客観的に捉え、課題の解決策を見出し、適切に手を打っていくことがビジネスの成功につながることは、誰もが理解できるところだろう。

しかし、これに失敗してしまう企業も多い。リサーチで膨大なコストをかけてしまった、データを取ったのにビジネスに全く使えなかった等である。
そうした企業の課題に解をもたらすのが、株式会社マクロミル上席執行役員・中野崇氏の著書『マーケティングリサーチとデータ分析の基本』(すばる舎刊)だ。本書はインターネットリサーチやインタビューといったリサーチの方法だけでなく、失敗しないデータ分析をするための考え方を教えてくれる一冊。

マクロミルはまさにリサーチとデータ分析を提供する企業だが、なぜ中野氏はそのノウハウを本にまとめようとしたのか? そして、ビジネスで成功を収めるためのリサーチとデータ分析の方法とは? 中野氏にお話をうかがった。

(新刊JP編集部/写真=森モーリー鷹博)

■リサーチとデータ分析が失敗するのはなぜ?――本書を執筆した経緯からお聞かせ下さい。

中野:5年ほど前、私が韓国子会社から日本に帰任しまして、事業戦略本部長としてマクロミルの中期戦略を考えることになったんですね。

その際に、日本でマーケティングの仕事をされている方々が何を課題と思っているのか、正確に把握したいと思いまして、大手の企業のマーケティング担当者、部長クラスの方々にお話をうかがいました。

「役に立たない「リサーチ」と「データ分析」はなぜ生まれるのか?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!