5

夢のタイ移住で、貧困に沈んだ日本人女性。「物価が安いはず」は甘かった

2018年10月12日 15時55分

バンコク、チャオプラヤ川沿いのオールドタウン

[拡大写真]

 昨今、若者の貧困が問題になっているが、それは国内だけではない。一昔前ならば、能力も経験もない若者がアジアに進出して一旗揚げるという話を耳にしたが、現在はアジア諸国も物価が高くなって、在住の日本人が貧困にあえぐケースも増えているという。

 今回話を聞いたのは、物価が安いイメージがあるタイ、バンコクでフリーネイリストとして活動するマユミさん(仮名・28歳)だ。

◆豪華な暮らしをする友人に憧れてタイに移住

「地元・名古屋の美容専門学校を卒業したあと、美容室に就職したんです。月収は20万円弱で始めはやる気もあったんですが、長い労働時間のためか身体を壊してしまい、うつ病を発症してわずか2年で退職しました」

 以来、実家に引きこもる日が続いていたが、そんな彼女に転機が訪れる。学生時代の友人から、「いまタイに住んでいるから遊びに来ないか」と誘われたのだ。

「仕事もしていないし軽い気持ちで遊びに行ったら、がっつりハマってしまったんです。夜遊びできるところやオシャレな店もたくさんあって、しかも物価も安くて最高だと思いました。さらに驚いたのは友人の住んでいたマンションです。プール付きのきれいなアパートでしかも家賃は7万円、私もこんな生活をしてみたい!と思いました」

 マユミさんは帰国すると早速タイに住む準備をした。そしてバンコクの日系美容室に履歴書を送り、晴れてバンコクでの就職が決まった。が、タイでの生活はマユミさんが想像していた華やかなものではなかった。

「夢のタイ移住で、貧困に沈んだ日本人女性。「物価が安いはず」は甘かった」のコメント一覧 5

  • 匿名さん 通報

    日本の無能貧乏人がタイの無能貧乏人になっただけじゃん

    33
  • 匿名さん 通報

    言葉が喋れず日本人コミュニティでしか生きていけないからじゃないの?

    25
  • 匿名さん 通報

    それほど貧乏か?元の仕事より稼いでいるだろう。まぁビザの関係で帰国するのは痛いけどな。

    10
  • 匿名さん 通報

    君は、日本の無能貧乏人。

    9
  • 匿名さん 通報

    どこまで行っても貧乏人は貧乏人。これが資本主義の掟。

    9
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!