0

岩井志麻子さんら女性の性を赤裸々に! 『ビッチ』DVD発売記念上映&トークショー

2014年10月12日 01時28分

10月11日(土)、東京・アップリンクにて、映画『ビッチ』のDVDが10月15日(水)発売されることを記念した上映&トークショーが行われました。

2013年『第5回沖縄国際映画祭』コンペティション「Laugh部門」で上映され、主演の椿鬼奴がインタビュアーとなり、女性が抱える性の悩みや実態をレポートする、女性による女性のためのドキュメンタリー映画作品『ビッチ』。
「下ネタが苦手」と公言する鬼奴が、性に対して能動的でオープンな女性や女性向けのサービスの現場に迫る他、漫画家の東陽片岡さんとロバート・秋山が熟女についての熱く語るシーンなどもあり、満席となった客席からは、時折笑いも起きました。

上映後のトークショーには、同作の原案『ビッチの触り方』(飛鳥新社刊)著者の湯山玲子さん、同作でインタビューに答え、また65歳のAV女優のインタビュアーを務めた岩井志麻子さん、そして監督でテレビ東京ディレクターの祖父江里奈さんの3名が登壇。

テレビ東京の五箇公貴プロデューサーが進行を務め、まず、映画が生まれる経緯について、祖父江監督が『ビッチの触り方』に「感銘を受けました。もっと世の中に広めたい」として映画の企画書を提出し、劇映画の企画が予算の都合などでドキュメンタリーになったと明かします。
湯山さんが『ビッチの触り方』を書くきっかけは、男性編集者からの依頼だったそうで、女性が性に対してオープンになったり、包み隠したりと、時代背景ごとに変化しているとのこと。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「岩井志麻子さんら女性の性を赤裸々に! 『ビッチ』DVD発売記念上映&トークショー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!