0

ユニットコントで強烈キャラ誕生! 『よしもとスパイス~ペッパー~』初回公演

2018年1月22日 20時29分

1月16日(火)神保町花月にて、『よしもとスパイス~ペッパー~』の初回公演を行い、サンジェルマン、しみったれるな、週刊プレイボール、そいつどいつ、バニラボックス、ペコリーノがコンビネタやユニットコントを披露しました。

昨年行われた『よしもと若手ユニットライブ公開大オーディション』で勝ち残った15組に、追加合格となった3組を加えた合計18組がシュガー、ソルト、ペッパーという3ユニットに分かれて活動。この日は「ペッパー」の初回公演が行われました。
オープニングは、「ペッパー警部」のメロディにのせて全員が登場し「12人漫才」を。週刊プレイボール・かいの「前髪死んだ~」ギャグに、「前髪ないやろ!」と全員でツつっこみ、まずはひと笑い。「今年はチーム・ペッパー全員で売れて行かなきゃいかなあかんな」と意見を出し合おうとするものの、同時に全員がしゃべり出し収集がつかない状態に。仕切り直して、「ギャグを流行らせたい」「歌って踊れるダンスミュージックグループ」など案を出し合い試してみるものの、どれもしっくりこず...。結局、同時に全員がしゃべり出し収集がつかない状態で、「もうええわ!」。
ユニットコント「ソンビ」は、ソンビになれたうれしさでテンションが高すぎる新人ゾンビが、先輩ゾンビからソンビらしさの教育を受けるが...。しみったれるな大村ふんする生気あふれる新人ゾンビのおかしさに加え、そいつどいつ市川ふんする先輩ソンビの"人当たりはいいけどなんかムカツク"キャラが強烈で笑いを誘いました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!