0

宮川大助・花子から和牛・銀シャリまで、人気者が総出演!『東京グランド花月』

2018年3月12日 20時37分 (2018年3月13日 10時34分 更新)

3月8日(木)~11日(日)の4日間にわたり、東京・池袋サンシャイン劇場にて『東京グランド花月』が開催され、追加公演も含め、全10公演が行われました。

大御所から人気の若手までが総出演し、さらに今回は辻本茂雄座長による吉本新喜劇が上演された、今回の『東京グランド花月』。ここでは初日の昼公演の様子をレポートします。

この日のトップバッターはトレンディエンジェル。登場するなり大歓声が沸き起こる中、「どうも~、トレンディエンジェルです!」とさっそく決めポーズで会場を盛り上げます。満員の客席を見渡し、「2階席もパンパンで、ありがとうございます。......あ、あんまり上から見ないでください」と笑わせたあとは、フィギュアネタやカーリングネタなどの時事ネタを織り交ぜ、軽快なテンポで漫才を披露しました。


2組目は横澤夏子。登場するなりハイテンションで、「横澤~!」「夏子~!」というコール&レスポンスをお客さんに笑顔で強要する横澤。その後は難易度の高いコール&レスポンスをお客さんにノーヒントで仕掛け、「え~、それは〇〇って言ってくださいね~!」と後から注文をつける横澤に笑いが起こります。その後はおなじみ「全部言っちゃう女」「悪口を言わないと言いながらいう女」など、横澤ならではの「あるある」な女シリーズで毒と笑いを振りまきました。


続いて登場したのは和牛。この日は和牛目当てのお客さんも多かったようで、出囃子の音楽が流れただけで黄色い歓声が上がります。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!