0

桂文枝が、桂きん枝、月亭八方らと『五人噺の会』を開催!

2018年9月14日 16時10分



10月5日(木)、よしもと祇園花月で新たな落語会「五人噺の会」が開催されます。こちらは、桂文枝を筆頭に、桂春団治さん、月亭八方、笑福亭松枝さん、桂きん枝の5人が出演する落語会で、平均年齢はなんと69.8歳! 9月13日(木)、会の中心となる桂文枝が『五人噺の会』について語りました。

「(上方落語協会会長の任期中)私を支えてくれた皆さんとはしょっちゅう会っていたわけではないものの、電話でいろいろ話をしたり、集まる機会も多かったのですが、上方落語協会の会長を退いてからその機会も減り、どうしているのかなと思っていたんです」と開口一番に文枝。先日、きん枝が夜中に倒れたというニュースをネットで知ったとこともあり、「それぞれ70歳前後になりましたが、これからまだまだみんな元気で頑張ってほしいし、切磋琢磨してやりたい。また、集まって安否確認もしていきたい」という目的で落語界会を開くことに。



これまで師匠クラスの噺家が集って落語会を開くことはあまりなかったため、「ほぼ病気の話になる(笑)」と笑いつつ、「楽しくやりたい」と意気込みました。また、「5人で力を合わせて、若い人の力になって上方落語協会の執行部を支えてあげられたらと思います」とも語りました。

10月5日(木)に行われる初回では、文枝がトリを務めることが決まっています。また文枝の弟子が開口一番を担当。次回からは、トリを取った噺家がトップバッターに回り...と順番も考えています。

「桂文枝が、桂きん枝、月亭八方らと『五人噺の会』を開催!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!