0

沖縄&マネジャーへの愛が止まらない!?「ミキの漫才とトーク」

2018年10月12日 21時47分

9月16日(日)、よしもと沖縄花月で「ミキの漫才とトーク」が開催されました。今回も会場は立ち見客が出るほどの大盛況。満員御礼の公演は大きな盛り上がりをみせました。

オープニングで昴生、亜生が登場すると、客席からはひときわ大きな歓声が。この日はちょうど、沖縄出身の歌手・安室奈美恵さんが引退する日とあって、昴生は開口一番「みんないいの!? こんなとこにいて」と問いかけ笑いを誘います。


本公演と重なる時間帯に、宜野湾市では安室さんの歌手生活最後を飾る花火大会が開かれていました。そこで「静かにしてたら(花火の音が)聞こえるんちゃう?」とつぶやいた亜生が、唇と指を使い器用に花火の音を再現。客席から拍手がおこるも、指をにおった昴生が「くさっ!」と返し、大きな笑いにつつまれました。

安室さんの話題でひとしきり盛り上がったところで、ふたりはそのまま30分間のノンストップ漫才へ突入。昴生をどうしてもアイドルにしたい亜生があの手この手で奮闘したり、"喪主"にあこがれる亜生の無茶ぶりに昴生のツッコミが炸裂したりと、止まらない2人ならではの掛け合いで会場を大いに沸かせました。

ライブ後半はお楽しみのフリートークです。もう何度も沖縄を訪れ、「沖縄最高! 大好き」と話すふたり。沖縄へ来る前に、BEGINの「ミーファイユー」を聴いてきたと昴生が明かすと、亜生は石垣島出身のミュージシャン、きいやま商店の「空とてんぷらと海のにおい」が大好きだとにっこり。

「沖縄&マネジャーへの愛が止まらない!?「ミキの漫才とトーク」」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!