経済コラム 記事一覧

2018年7月16日

結婚するなら「早婚」と「晩婚」、経済的にはどっちがお得? MONEY PLUS (18時30分)

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は高山一恵氏がお答えします。税制上は、結婚していたり子どもがいたりす...

農村を疲弊から救え 大分県の「小さな巨人」利他の思考 Forbes JAPAN (18時00分)

ForbesJAPANが主催した「スモール・ジャイアンツ」大賞、「CUTTINGEDGE」部門(最先端技術)で高得点の評価を得たエネフォレスト。日本で唯一世界基準をクリアした空気清浄機「エアロシールド...

鉄道路線名にみる建設意図や案内の工夫 上信電鉄、ほくほく線は名前に歴史あり 乗りものニュース (16時10分)

総武本線の「総武」の意味を聞かれると、意外と戸惑うかもしれません。鉄道の路線名にはいろいろな意味や歴史が含まれており、知れば「なるほど」と思うかも。名称から分かる路線建設の目的人それぞれに名前があるよ...

生保大手、「新興」との連携に活路!? 少子高齢化・マイナス金利にガマンならない J-CAST会社ウォッチ (16時00分)

生命保険大手が、ソニー生命保険や楽天生命保険といった、勢いのある新興の生命保険会社との距離を縮めている。少子高齢化に日本銀行によるマイナス金利政策の長期化と、生保業界に吹き荒れる逆風は強まるばかり。生...

「おじさんバッシング」はなぜ異様に盛り上がるのか?<北条かや> HARBOR BUSINESS Online (15時30分)

◆北条かやの「炎上したくないのは、やまやまですが」その31昨年は、若い女性の間で「おじさんLINE」が流行っているというネットニュースをよく見た。中高年男性に見られがちな、長文で自己完結したウザい文面...

「バックします、ご注意ください」は騒音なのか はたらくクルマの音声、あまり聞かなくなった? 乗りものニュース (14時10分)

ゴミ収集車や宅配車など、いわゆる「はたらくクルマ」では「バックします、ご注意ください」といった音声が流れます。安全のために設けられているものの、これをあえて鳴らさないというケースもあります。「音がうる...

バイロンベイの農場が提案する、これからの体験型コンテンツ Forbes JAPAN (12時30分)

オーストラリア最東端の街、バイロンベイ。もともとヒッピーの街として栄えていたこの地は、大手のファストフード店が進出していない、オーガニックタウンとして知られています。実際、健康や環境問題に関心の高い住...

ビヨンセとジェイ・Z、夫婦の資産額が1400億円を突破 Forbes JAPAN (12時00分)

ビヨンセとジェイ・Z夫妻の資産額は現在、12億5500万ドル(約1400億円)と試算されている──。フォーブスが7月11日に発表した「アメリカで最も成功した女性」(AmericasRichestSel...

人はなぜ移動するのか? ユーザー目線で考える交通の未来 Forbes JAPAN (11時30分)

電気自動車、自動運転、ライドシェアと、現在も進行する「交通革命」の話題が盛んにメディアでも取り上げられていますが、どちらかというと技術面であるとか、供給サイドの考え方ばかりがクローズアップされている印...

話が長い人に長くさせない"空気の作り方" プレジデントオンライン (11時15分)

プレジデント誌の好評連載「悩み事の出口」。ライフネット生命の創業者で、立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんが、読者の悩みに答えます。今回のお題は「周りに話が長い人がいる」。出口さんは「3分ルールが...

100歳超の人が"今が一番幸せ"と言う理由 プレジデントオンライン (11時15分)

■世界の約60名の「100歳以上」を取材してわかったこと「センテナリアン」という言葉をご存じだろうか。これは「1世紀(センチュリー)を生きた人」という意味で、100歳を超えた人を指す言葉だ。現在、世界...

SNSで大炎上する有名人一般人の共通点 プレジデントオンライン (11時15分)

■ベッキー、山尾志桜里衆院議員、安倍昭恵総理夫人ここ数年、日本ではSNSでの発言が猛批判を浴びる「炎上」という言葉がすっかり定着しました。これだけ一般化したのは、日本は、よくも悪くも「空気を読む」こと...

観戦券入手困難な地方球場のヤバい仕掛け プレジデントオンライン (11時15分)

■なぜ、広島市民球場は野球コンサート化するのか知り合いに広島出身の人がいる。その方から、「広島カープ(広島東洋カープ)がたいへんなことになっている」と聞いていた。「すごい人気でチケットがとれない」「ス...

年金の最終的な損得は死んだ時にわかる プレジデントオンライン (11時15分)

大切な老後資金を守り、増やすためにはどうすればいいのか。「プレジデント」(2018年4月2日号)では、だれもが直面する「悩ましすぎる10大テーマ」について、Q&A形式で識者に聞いた。第10回は「平均寿...

"年収と勤務先"で控除額の違いは天と地 プレジデントオンライン (11時15分)

■一番トクをするのは「共稼ぎ」の中所得層配偶者控除、配偶者特別控除が改正された。これまでは夫の収入に関係なく、妻の給与収入が103万円以下であれば、配偶者控除は一律38万円だった。2018年1月からは...

安倍総裁3選を阻止するただひとつの方法 プレジデントオンライン (11時15分)

すでに「消化試合」というレッテルが貼られている。9月下旬に行われる自民党総裁選のことである。安倍晋三首相(党総裁)の3選が確実視されている。先が見えているだけにメディアもほとんど無視を決めこんでいる。...

「小室哲哉のウソ」を暴いた文春砲の逆襲 プレジデントオンライン (11時15分)

今年1月、週刊文春が小室哲哉氏の不倫を報じたところ、小室氏は記者会見で、「介護疲れ」を明かし、引退を宣言。世間は「文春潰せ」と報道を非難した。それから半年。週刊文春は小室発言の嘘を暴く記事を繰り出した...

列車の「発車時刻」はどのタイミング? 時刻表に書かれていない情報とルール 乗りものニュース (11時10分)

駅の時刻表や乗り換え検索サービスなどで列車の発車時刻を調べられますが、その発車時刻とは具体的にどのタイミングなのでしょうか。鉄道は時刻表をルールに動いているパソコンやスマートフォンが広く普及し、乗り換...

ネットフリックスが密かに狙う出版ビジネスの覇権 Forbes JAPAN (11時00分)

ネットフリックスが出版ビジネスへの参入を進めている。同社は6月、人気オリジナルドラマ「ストレンジャー・シングス」のライセンス契約をランダムハウスとダークホースコミックスの出版2社と締結した。前者からは...

早期退職が米男性の寿命を縮める? 62歳の死亡率が高い理由 Forbes JAPAN (10時00分)

米国では、65歳になる前に引退することを夢見ている人が多い。実現できる人はほとんどいないが、それでも多くの人がそうすることを願っている。ただ、早く引退することは早期死亡につながるとの指摘もある。そうな...

「時差Biz」で通勤ラッシュは「変わらんぜよ」! ネット民が冷ややかなワケ? J-CAST会社ウォッチ (10時00分)

「東京の朝を、変えるぜよ。」――そもそも東京の話なのに、なぜ土佐弁なのだ?という批判があるなか、深刻な通勤ラッシュを緩和しようと、朝の出勤時間をずらすことを呼びかける「時差Biz(ビズ)」キャンペーン...

ビジネススキルの巧拙は数値化して評価できるのか? HARBOR BUSINESS Online (8時33分)

「業績数値を見える化したい」という人は多い。特に、チームの業績か個人の業績かを明確にしたいというニーズや、管理部門における業績の数値化のニーズは大きい。(参照:「もう印象評価はたくさんだ。チーム業績を...

麻原彰晃らオウム事件死刑囚の執行のされ方と報じられ方に見る、日本社会の変質 HARBOR BUSINESS Online (8時32分)

死者13人、負傷者総数7000人弱。麻原彰晃こと松本智津夫率いるオウム真理教が引き起こした、地下鉄サリン事件の犠牲者の数である。忘れてならないのは、この犠牲者数が、あのテロ事件単体の犠牲者数のカウント...

増加する介護職員へのパワハラ・セクハラ 解決への糸口はあるのか ジジコ (7時30分)

介護施設でのパワハラといえば職員から利用者の方への事例がしばしば報道で取り上げられますが、現状は職員側がセクハラやパワハラ被害を受けるケースがかなり多いようです。被害発生の原因と対策等について解説しま...

庭造り、場所がないなら「軽トラ」に 海外も注目「軽トラガーデンコンテスト」とは 乗りものニュース (7時10分)

軽トラックの荷台で庭造りを行い、その出来を競う「軽トラガーデンコンテスト」。庭師の業界団体が主催し、海外からも注目されているそうです。「軽トラ」を舞台にするのは、じつはとても理にかなっていました。「軽...

2018年7月15日

ことわざで振り返る「日本人の商人観・商売観」 MONEY PLUS (20時00分)

この連載では以前、お金にまつわる「ことわざ」を紹介したことがあります。《地獄の沙汰も金次第》《金(かね)の貸し借り不和の基(もと)》などのことわざを例にして、ことわざが伝えようとする「お金との付き合い...

遺族が思わず脱力する「がっかり遺言書」にならない書き方 MONEY PLUS (20時00分)

数年前の終活ブーム以降遺言書を書く人が増えていますが、専門家からすると「ネット記事を参考にしたのか一見それらしく整えられているが、後の手続き段階で法的に無効と判明し、遺族が思わず脱力する“がっかり遺言...

iDeCoの投資先、何を基準に選んだらいいですか? MONEY PLUS (18時30分)

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は花輪陽子氏がお答えします。iDeCoの投資先が絞れません。何を基準...

有望なICOをリスト化する、サンフランシスコ女性起業家の挑戦 Forbes JAPAN (17時00分)

サンフランシスコのブロックチェーン企業「DirtProtocol」が300万ドルの資金調達を行なった。出資元は26に及び、有名ベンチャーキャピタルの「Greylock」や「GeneralCatalys...

愛人マーケットから「まともな女性」が減っていく理由<現役愛人が説く経済学44> HARBOR BUSINESS Online (15時31分)

こんにちは、東條才子です。ごく普通のOL業を営みつつ、数名のお金持ちの「愛人」として生活しております。前回は、「パパ活アプリが『愛人市場』におけるコミュニケーション劣化を招いている」といたしまして、ネ...