0

『東京都新宿住宅展示場』モデルハウス建替え・1/10リニューアルオープン

2015年1月6日 10時28分 (2015年1月8日 10時10分 更新)

(株)ファジー・アド・オフィス(本社:東京都新宿区)は、東京都都市整備局の後援を受け、2009年9月に開設した『東京都新宿住宅展示場』のモデルハウスを建替えし、2015年1月10日(土)にリニューアルオープンする。

同展示場は、2009年東京都有地において、東京にふさわしい高度な防災機能を備えた居住の実現を目指す『東京都住宅マスタープラン』と連動し、長期優良住宅やバリアフリー住宅、全モデルハウスに太陽光発電システムの搭載など、環境配慮型のモデルハウスを設置し、5年間で約5万人の来場者の方へ住まいづくりに役立つ情報を発信してきた。

今回のリニューアルでは、新たに改定された『東京都住宅マスタープラン』と連動を図るとともに長期優良住宅認定制度の高い水準をクリアした長寿命の住まい、2020年の標準化が期待されるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)、全棟消費エネルギーの見える化、光や風などを上手に取り入れたパッシブ設計など、“これからの東京に必要な家”をコンセプトとしている。

また、東京での様々な暮らし方を想定し、展示モデルハウスは3階建てから6階建てまでのモデルハウスを用意、多機能な住まいや暮らしが体感できるようになっている。例えば、資産活用として注目される賃貸、店舗併用住宅や二世帯住宅をはじめとした多世帯住宅、趣味や余暇を活き活き暮らすための様々な暮らしを想定した間取りなど、見どころ豊富なモデルをラインナップし次世代基準の住まいを提案する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!