0

引越しの度に加入しなくていい! ネット完結の火災保険って?

2017年3月14日 07時20分 (2017年3月31日 06時10分 更新)

3月、4月からの新生活に向けて、引越しを考えている人も少なくないだろう。内見や契約、荷物の梱包など、やらなければいけないことが山ほどあるが、「火災保険」について検討したことがあるだろうか。実は、「火災保険」は不動産会社から紹介されるものに必ず入らなくてもいいのだとか。

火災保険を自由に選ぶメリット

今回は、賃貸と火災保険の関係について、日新火災海上保険株式会社・商品開発部の國廣達成さんと高橋憲太さんに詳しく話を聞いた。

まず、火災保険の加入は強制なのか? これについて、國廣さんは以下のように話す。

「賃貸の場合は、賃貸借契約の一連で、火災保険に加入してくださいね、というのが条件になっていることがほとんどなので、保険自体には入らなければいけません。しかし、不動産会社が提案するものだけが選択肢ではないということを分かってほしいです」(國廣さん)

多くの人は、何の疑問ももたずに、不動産会社で提案される火災保険にそのまま加入するだろう。しかし、こんなデメリットも。

「例えば、20代一人暮らしの男性の場合、所有する家財が100万円分しかないのに、1000万円の補償がつく保険に加入する必要はありませんよね。極端に言えば、100万円補償してくれればいいわけですから。補償が大きくなれば、それだけ掛け金も多く支払うことになるので、無駄な出費になってしまう可能性があります。本来であれば、火災保険も生命保険と同じように、それぞれ個人に合わせて契約内容を選ぶべきです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!