0

列車接近メロディに校歌を初採用 京王

2017年3月21日 11時10分 (2017年3月25日 09時05分 更新)

京王電鉄の明大前駅で、列車接近メロディに校歌が採用されます。

明治大学和泉キャンパスの最寄り駅、明大前駅

 京王電鉄は2017年3月17日(金)、明治大学と明大前商店街振興組合、世田谷区と共同で、3月25日(土)始発から、明大前駅(東京都世田谷区)の京王線ホームで流す列車接近メロディに明治大学の校歌を導入すると発表しました。

 明大前駅は、1913(大正2)年に「火薬庫前」駅として開業。1917(大正6)年に「松原」駅に改称され、1935(昭和10)年に明治大学予科(当時)が駿河台キャンパスから和泉キャンパスに移転してきたことを機に「明大前」駅に改称されました。

 現在は、主に明治大学文系学部の1、2年生が通う「明治大学和泉キャンパス」の最寄り駅として、多くの大学関係者が利用しています。

京王線と井の頭線が交差する明大前駅(画像:photolibrary)。

 京王線ホームに導入される列車接近メロディは、1番線と2番線とで異なるものが使われます。列車が到着する際に流れる案内放送の前段に、5秒程度のメロディが流されます。

 なお、京王電鉄の駅において、列車接近メロディに校歌が導入されるのは初めてということです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!