0

【沿線調査】「総武線」の好きなところ・嫌いなところと住み心地は?

2017年4月10日 07時00分 (2017年4月28日 06時10分 更新)

三鷹駅(東京)から千葉駅(千葉)の間を運行するJR中央・総武緩行線。都心部への移動の際によく使われているこの路線は、“千葉県民・東京西部民の足”ともいえるだろう。実際に沿線に住む人たちは、どんなメリットや魅力を感じているだろうか? 今回は、同路線ユーザー150人にアンケートを実施。その住み心地を聞いた。

「交通の便で不自由しない」、交通利便性の良さがお気に入り!

まずは、総武線の好きなところ・気に入っているところについて聞いてみた。TOP10は、以下のとおり。

●好きなところ(複数回答)
1位:どこに行くにも便利…75.5%
2位:運行本数が多い…57.3%
3位:ほかの沿線に乗り換えしやすい…38.5%
4位:終電が遅いもしくは始発が早い…23.8%
5位:家賃や物価が安い…17.5%
6位:都心のターミナル駅に出なくても沿線上に栄えた駅があって便利…16.1%
7位:好きな駅やスポットがたくさんある…14.7%
8位:遅延が少ない…14.0%
9位:座れる頻度が高い…11.9%
10位:乗車運賃が安い…10.5%
10位:これから発展していきそう…10.5%

「羽田空港、成田空港、東京駅、横浜、どこへ行くにも便利」(56歳・女性)、「快速もあるし、東京駅にも15分ほどで着く」(61歳・女性)など、移動の利便性についてのコメントが多く、「どこに行くにも便利」と答えた人は、75%以上で断トツ。次いで、2位にランクインした「運行本数が多い」という項目も、「時刻表をチェックしなくてもいいから」(49歳・女性)、「遅延していても元々の運行本数が多いので会社に遅刻したことがない」(37歳・女性)など、半数以上が回答している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!