0

賃貸物件の探し方調査[4] 築年数は気にする? 家賃とのバランスを考えて選ぶ人が多数

2017年4月17日 07時30分 (2017年5月10日 06時10分 更新)

部屋探しをする際、建物の築年数は気にしますか? 新しいというだけで、なんだかいい物件のような気がしますが果たしてそうなのでしょうか。今回は、実際に一人暮らしをしている男女250人に、住んでいる部屋の築年数を気にして選んだかを聞いてみました。

築浅に越したことはないが……家賃とのバランスを考えて物件を選ぶ人が多数

現在住んでいる建物の築年数を聞いたところ、特にどの築年数が人気といった偏りがない結果となりました。一番回答が多かったのは「分からない」(15.2%)。続いて「築10年~15年未満」(14.4%)、「築5年~10年未満」(14.0%)でしたが、どれも僅差でした。
「分からない」と答えた人は、「築年数よりも外観や内装のほうが気になる(33歳・女性)」「築年数にはこだわりがない(39歳・男性)」といったコメントが多く見られました。

「築10年~15年未満」では「新しいほうが良かったが、家賃が手ごろな価格帯を狙った(31歳・男性)」「家賃で決めたので妥当な築年数かなと思った(37歳・男性)」「古くもなく、新しくもなく。このくらいの年数なら安心できるし、家賃もそれなりに下がってくるから(32歳・女性)」というように、築年数と家賃のバランスを考える人が増えてきます。

「築5年~10年未満」では、「築年数は10年以内の物件を探していたため。古いと耐震性が少し不安(31歳・男性)」「そこそこ新しいと耐震性があるので選んだ(28歳・女性)」など、耐震性を気にする人が出てきます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!