0

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ラッピングバス、千葉県旭市に登場

2017年8月19日 11時10分 (2017年8月23日 11時17分 更新)

千葉県旭市が2017年8月18日から、アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のラッピングバスを運行しています。

千葉県旭市と千葉交通がタッグ

 千葉県旭市は2017年8月18日(金)から、アニメーション映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』のラッピングを施したバスの運行を開始しました。

 同作品の原作となるテレビドラマ(1993年放送)のロケ地が旭市だったことがきっかけ。千葉交通(千葉県成田市)が運行する高速バス(浜松町・東京~銚子線)に全面ラッピングを行い、映画と旭市をPRします。運行期間は2018年2月17日(土)までの6か月間です。


『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』ラッピングバスのイメージ(画像:千葉県旭市)。

 また同映画作品のタイアップ企画として、「『もしもに出会う』スタンプラリー」が8月18日(金)から9月30日(土)まで同時開催。旭市内の「飯岡刑部岬展望館~光と風~」と「道の駅季楽里あさひ」の2か所にスタンプが設置されます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!