0

岐阜県美濃市の重伝建地区選定までの取り組み~「うだつの上がる町並み」が残るまち②

2017年9月2日 11時00分 (2017年9月10日 10時55分 更新)
どのお宅も歴史的価値がある建物ばかりだ」と絶賛したことで、地元の人たちの意識が変わる。

これまで“ごく当たり前”だと思っていた自分たちの町並みの歴史価値を再認識し、土本さんをはじめとする青年会議所のメンバーが地域の建物の歴史を探っていくことになったのだ。

すると、地域で最も古い『今井家住宅』の厠(かわや)の入口に小さな『水琴窟』があったことがわかり、それを復元するプロジェクトがスタートした。

「そのときの『今井家住宅』は、主を無くしてひどい荒れ放題で…まずは青年会議所のみんなで家の中を片付けながら水琴窟の復元作業に入り、ようやく一般公開ができることになったんです。ただし、どのメンバーも自分の仕事を持ちながらの活動でしたから、見学の要望があったときだけ公開をするという限定的なものでした。

しかし、当時は水琴窟自体がまだ珍しい時代だったんですね。たまたま復元作業の様子をNHKが取材していたんですが、“これはおもしろい!”と密着取材をすることになって全国放送が決まったんです。そしたら、放送後の反響がすごかった(笑)。その年には『今井家住宅』の水琴窟が“日本の音100選”に選ばれ、美濃の古い町並みが全国から注目を集めるようになったのです」

テレビ放映をきっかけに見学者が後を絶たなくなったため、ついに土本さんら青年会議所の手には追えなくなり、美濃市が『今井家住宅』の建物を買い取った後に再整備をしなおして常設公開を開始。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!