0

リースバックのメリットとデメリット。売却しても住み続けられるその仕組みは?

2017年9月9日 11時00分 (2017年9月17日 10時55分 更新)

破産理由の一つである「住宅購入」は、年々増加傾向に


夢と希望に満ち溢れて手に入れたマイホーム。多くの人は住宅ローンを利用して購入するだろう。
しかし、サラリーマンでもなかなか収入が増えない昨今。当たり前にもらえると思っていたボーナスが出ない、共働きだったのにどちらかがリストラとなってしまった、といった様々な理由でローン返済が滞ってしまうケースは少なからずあるようだ。

実際に住宅購入が理由で破産する人は増えている。日本弁護士連合会の「2014年破産事件及び個人再生事件記録調査」(複数回答)によると、調査した破産債務者のうち「住宅購入」が理由である割合は16.05%存在している。前回の2011年の調査と比べて、「生活苦・低所得」や「給料の減少」の割合が減少、もしくは高止まりを見せる中、「住宅購入」については、2008年が9.59%、2011年が12.24%と増加している状況だ。

もし、なんらかの理由で住宅ローンの返済が困難になってしまった場合、所有する自宅に住み続けることはできなくなってしまうのだろうか。今回は、自宅を活用した資金調達の方法の一つである「リースバック」についてご紹介したい。



事業資金にも利用可能なリースバック、そのメリット・デメリットは?


リースバックとは、自宅などの不動産を専門の不動産会社へ売却し、買主であるオーナーに対してリース料(家賃)を支払うことで、引き続きその不動産を利用する方法だ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!