0

古アパートをDIYで科学館に!柏市の”手作り科学館”ってどんなところ?

2017年9月14日 11時04分 (2017年9月20日 10時55分 更新)

柏に科学館がオープン予定!そのちょっと変わった現場とは?


千葉県柏市は、人口約42万人(平成29年8月1日現在、柏市発表)。
上野東京ラインでJR柏駅から東京駅まで約35分。
都内に通勤する人がたくさん住んでいる街だ。
駅前はとても栄えていて、お店は基本、なんでも揃っている。
昔ながらの商店街がある、という街ではなく、駅を降りたらドーンと大きなデパートがいくつも建っているような街並みだ。

JR柏駅近くに、科学館ができるという話を聞いた。
「科学館」というと、沢山の展示物のある大きな施設を想像してしまうが、そんなスペースが柏駅近くにあっただろうか?
というのも、柏の駅前は割といつも混雑していて、毎日の通勤通学時間には渋滞が起きる。駅の近くには十分な駐車場もないので、車での移動は遠慮するくらいだ。
混雑している駅前なのに、どこにそんなスペースが?

柏市の住人としても、とても興味がわいたので、現場を訪ねてお話を伺った。



それは一軒の…アパート。ここが科学館?


その場所は駅からは近いが、少々入り組んだ場所にあった。
昔ながらの飲み屋さんや食べ物屋さんが並ぶ、小さい通りを曲がって一本奥へ入ったところ。昭和の香りのする住宅街の中だ。
科学館と聞いていた場所にあったのは、どこから見ても古いアパート。
「本当にココ?」と思わず周りを見渡した。
サッシの上側に小さい小窓があるところや、引き戸式の雨戸がついているところから見ると、築
30年以上は経っていそうだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!