1

美人女子プロレスラーってどれぐらい稼いでる?[前編]

2017年10月5日 14時30分 (2017年10月9日 08時11分 更新)

突然ですが「“あの仕事”をしている人って、いったいどのくらい儲けているんだろう?」と、疑問に思ったことはありませんか?

例えば、大道芸人、女子プロレスラー、映画監督……。仕事内容はなんとなく想像がつきますが、それがどう収入につながっているのか? プロになるまでいくらかかるのか? リターンはどれくらいあるのか?

今回は、女子プロレスラー。あの華々しいステージのウラ側に一体どんなお金事情が隠されているのでしょうか? 世界プロレス協会所属、いま注目の若手美人プロレスラー石橋葵さんにお話をうかがってきました。

女子プロレスラー:石橋葵(20)
世界プロレス協会所属。福岡県出身。16才でプロデビュー。得意技はドロップキック。

※2014年取材当時の情報です。


勢いでプロに……デビューまでトレーニングが続く日々

ーー女子プロレスラーになろうと思ったきっかけを教えてください。

石橋:きっかけ……「勢い」ですかね(笑)。福岡に住んでいたのですが、中3でプロレスにハマって、高校進学はやめてプロレスの道に進みました。いろいろな団体があるので、まずはネットで調べて、横浜にある寮が完備されているところを選びました。

ーー15才で寮に!すごいですね……。どんな生活が待っていましたか?

一日中ひたすら基礎体力トレーニングです。なわとび、スクワット、ライニング、腕立てふせ、腹筋、背筋……延々と。筋肉痛で死にましたよ(泣)。いちおう啖呵切って福岡から出てきているので、デビュー戦までは踏ん張ろうと。でも16才のデビュー戦を終えて逃げ出しました。しばらくして復帰したのですが。

ーーどうすればプロレスラーになれますか?

いきなり団体を訪ねて「どうしたらいいですか?」と聞くのもアリです。他にはプロレス会場で新人募集のビラを配っています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    ※2014年取材当時の情報です。< なんでこんな昔の記事を??

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!