0

トヨタ「カローラ レビン」(AE86・第5世代) ユーザーが育てた「ハチロク」とは?

2017年10月7日 13時16分 (2017年10月12日 06時17分 更新)

車名よりも型式名のほうが広く知られるクルマというのはそうありませんが、こと「レビン/トレノ」の「ハチロク」は別格でしょう。「ハチロクレビン」こと第5世代「カローラ・レビン」はいかにして、いまの地位を築いたのでしょうか。

「86」と「ハチロク」

 現在、トヨタを代表するスポーツカーといえば「86」。そのルーツとなったのが、1983(昭和58)年から1987(昭和62)年に発売されていた第5世代の「カローラ レビン」と「スプリンター トレノ」でした(編集部注:世代の数え方はトヨタ公式「車両系統図」にならったものです)。「ハチロク」とは、それらの共通型式名である「AE86」からきています。これまでのトヨタのスポーツカーを考えるといくつかの名車が思い浮かびますが、このAE86もそうしたレジェンド級の名車のひとつです。


「ハチロクレビン」ことAE86型「カローラ レビン GT-APEX」。「スプリンター トレノ」は共通シャーシの姉妹車(画像:トヨタ)。

 ところが、現役モデルとして発売されていたころの「レビン/トレノ(AE86)」の存在感は、現在ほど大きいものではありませんでした。

 もちろん、手ごろな価格のスポーツカーとして人気はありました。第5世代の「カローラ」は、時流に乗ってセダン系はFR(後輪駆動)からFF(前輪駆動)へと変化しています。ところが、スポーティな走りをうたう「レビン/トレノ」だけは、わざわざFR(後輪駆動)のままという変則的なモデル編成となっていたのです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!