3

優待株投資で1億6000万円、「株主優待生活」の極意

2017年10月20日 09時43分 (2017年10月23日 05時51分 更新)

株主優待ブームの昨今、優待狙いの株式投資に興味を持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、どうせ投資するなら優待だけでなく、値上がり益もゲットして資産を増やしていくのが理想です。

優待株投資で1億6000万円の資産を築いたサラリーマン投資ブロガー・V-com2氏に、成功する優待投資の極意を聞いてみました。


初心者も投資の楽しさを実感しやすい株主優待

V-com2:優待の魅力は、なんといっても投資の果実としてわかりやすく、初心者のうちから株式投資の楽しさを実感できるところです。「株なんて怖い」と思っていた人も、優待品を受け取ることでイメージも変わり、楽しむことができるのではないでしょうか。

私が初めて投資したのは14年前、居酒屋「和民」などを展開するワタミフードサービスでした。当時8万円の投資で1万2,000円分の食事券がもらえるというお得な優待で、こんなおいしい投資が世の中にあるのかと驚きました。株を持つことで、それまで見向きもしなかった経済ニュースにも興味を持つようになり、株式投資にハマっていきました。

現在は約90銘柄もの優待株を保有しているので、年中たくさんの優待品が届きます。外食はほとんど優待券で済ませるのでお金はかかりませんし、冷蔵庫や冷凍庫に入りきらないほどの食品が届いたり、日用品や金券などをもらって生活費を大幅に節約できていることを実感できます。


優待を楽しんでいる間に株価58倍

私の投資人生で最大の成功は、RIZAPグループ(2928)への投資です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    ライザップと金融を押す記事。素晴らしい搾取ビジネスでバブル頑張ってね

    3
  • 匿名さん 通報

    株で失敗、借金という話が独り歩きしてますね。 10万円くらいで現物投資してみれば、仕組みもわかって勉強になるし、経済に興味がわく。 まずは口座つくってみよう。

    2
  • ゲコッ!! 通報

    結局は資産インフレ。株価が10円から600円になったと仮定。昔は300円の貯金で3口の配当が受け取れたが今では1/2口の配当しか受け取れない。「勝ち組」の預金が目減りしたって事。(済)ですよ。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!