0

引っ越し後に調べよう! 新しい街の楽しみ方

2017年11月2日 15時06分 (2017年11月2日 17時00分 更新)

引っ越し後に調べよう! 新しい街の楽しみ方

[拡大写真]

新しい街に引っ越しをしても、周りに何があるのかよくわからず、気づけば職場と自宅の往復ばかりに……なんてことにならないように、自宅の周りにある面白いスポットを上手に探し出せたら楽しいですよね。そこで長年、街歩きの会を主宰している前田波留代さんに、新しい街での生活を楽しくする街歩きのコツを伺いました。

――右も左もわからない新しい街に引っ越した時、街の特徴や人気のスポットを知るために、まず何をしたらよいでしょうか。街の情報を上手に集めるコツを教えてください。

「情報は大きく “大・中・小”に分類できます。“大”とはメジャーで普遍的で、ぜひ誰もが知っておきたいものや、それを知らないと基本的な生活が困るようなものです。“中”はエリアとしては県や区などの単位。関心のある人が知ればお得で役立つもの。“小”は自分の暮らす街や利用駅の範囲と思ってください。この“小”の情報こそが、街を楽しむポイントになります。

“小”の情報は、クチコミとミニコミの収集から得ることが多いでしょう。例えば、駅のポスターや案内板、駅前スーパーの案内ボード、毎週ポストに入れられるミニコミ紙、店に置かれたミニコミ誌、近くの公民館の月刊の新聞、サークルの案内ボードなど。他にも個人商店のスタッフに教わる近所のイベントもあるでしょう。散歩で知り合った隣人との会話で知ったリアルな情報、風邪をひいて行ったクリニックでの貼り紙などなど……気をつけていれば、どんなことでも情報源になり、知らない街でも楽しむきっかけになります」


――自分で集めた情報をもとに、いざ街歩き! どんなふうに歩けば楽しめるでしょうか?

「知らない街でも、公民館や地元のボランティアガイドが主催する街歩きにまず参加してはどうでしょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!