0

肌を老化させないために注意すべきポイントとは?

2017年11月12日 11時50分

いい皮膚の日、肌美人のための対策を

11月12日は“いい皮膚”という意味で皮膚の日に定められています。

これから寒くなる季節。夏とは違って、乾燥と紫外線があなたのお肌を狙っています。今から対策をしておけばバッチリ。あなたも肌美人になりましょう。

キーワードは「足さない!引くの」です。

重曹パックで、「肌の排泄」を促す

意外と知られていないことなのですが、肌も排泄物を出す器官の一つです。排泄物をスムーズに出せると「シミ」や「くすみ」「ニキビ」などはできにくいのです。

まず一番の問題となってくるのが、「ターンオーバーの遅延」ですね。肌は生まれてから角質になって剥がれるのが約28日と言われていますが、問題のある肌や加齢とともに、ターンオーバーは約2倍遅くなると言われています。

表面にある角質層に焦点を絞りましょう。

おすすめなのが、キッチンなどで使われるベーキングソーダー(重曹)洗顔です。お掃除に使用される重曹は粒子が粗いため使うのを控えてください。

これからの季節なるべく拭き取り用化粧品を使ってメイクを落としてください。拭き取り用化粧品を使って、丁寧にコットンなどにたっぷり染み込ませ、メイクや古い角質を拭き取ってください。ちなみに、フランスなどでは拭き取り用化粧品で化粧を落とす手法が多いです。なぜならフランスは水が硬水のため、お肌にはよくないためです。

よく落とせたら、次は小さな小皿にベーキングソーダー(重曹)と水を加えてペースト状にします。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「肌を老化させないために注意すべきポイントとは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!