100+

「REGZA」が中国メーカーに 東芝、テレビ事業を売却

2017年11月14日 16時49分 (2017年11月15日 17時11分 更新)

東芝は「REGZA」ブランドでテレビを展開=Webサイトより

[拡大写真]

 東芝は11月14日、テレビ事業子会社の東芝映像ソリューション(TVS)を中国の家電メーカー、ハイセンスグループ(Hisense、海信集団)に約129億円で売却すると発表した。売却は2018年2月末以降に完了する見通し。

 TVS株式の95%をハイセンスグループの中核事業会社に売却する。TVSは東芝ブランドの使用権を取得し、同ブランドでテレビの販売を続ける。

 経営再建中の東芝は、16年6月から映像事業をTVSに移管。だがTVSは17年3月期に437億円の売上高に対し61億円の営業赤字。今後、東芝は社会インフラや電子デバイスなどに注力する方針で、単独でのテレビ事業継続は難しいと判断した。

コメント 100+

  • 匿名さん 通報

    ”日本スゴイ”なんて能天気に現実逃避してる間に日本はどんどん衰退していってる

    102
  • 匿名さん 通報

    技術を中国なんかに売るなよ!倒産でいいよ売るくらいなら!この売国奴!!!

    96
  • 匿名さん 通報

    もうREGZA絶対買わない。

    82
  • 匿名さん 通報

    東芝ももうダメだな 残念というより情けない

    76
  • 匿名さん 通報

    遅すぎ。もう家電分野で日本にアドバンテージは全くない。

    60
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!