0

“つみたてNISA入門”知っておきたいメリットとデメリット

2017年11月15日 11時48分 (2017年11月18日 17時51分 更新)

2018年1月から「つみたてNISA」がスタートします。つみたてNISAとは、積立投資専用の「NISA(少額投資非課税制度)」です。NISAという名が付いていることから、従来のNISA同様、投資によって得られた売却益(譲渡益)や分配金の運用益は非課税になるという制度です。

今回は、つみたてNISAの概要と、メリット・デメリット・注意点をまとめました。これから始めたいと思っている方は参考にしてみてください。


つみたてNISAの概要

つみたてNISAは、口座開設受付は2017年10月1から既に始まっています。ただし、運用開始は2018年1月からとなります。
従来からあるNISA(以下、NISA)との比較を踏まえ、つみたてNISAの概要を表にまとめました。

NISAつみたてNISA利用できる人日本に住む20歳以上なら誰でも左同新規に投資できる期間10年間
(2014年~2023年)20年間
(2018年~2037年)非課税となる期間投資した年から最長5年間
(ロールオーバーを利用して最大10年間)投資した年から最長20年間年間投資上限額120万円
(非課税枠の繰越はできない)40万円
(非課税枠の繰越はできない)累計非課税投資上限額600万円800万円投資対象商品上場株式(ETF、REIT含む)、
公募株式投資信託金融庁が定めた基準を満たす投資信託・ETF投資方法一括買付、積み立て定期かつ継続的方法による積み立てのみ資産の引き出しいつでも引き出せる左同損益通算、繰越控除できない左同所得控除の適用なし左同スイッチング、
分配金再投資の扱い新規の投資とみなされ、非課税枠を消費する左同金融機関の変更年単位であれば可能左同

「つみたてNISA」の特徴としては、非課税期間が20年と長く、また投資方法も積立投資に限定している点、投資商品は金融庁が定めた基準を満たす商品に限定されている点が挙げられます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!