0

青函トンネル用機関車、初上洛! 京都鉄道博物館、EH800形交流電気機関車を特別展示

2017年11月15日 16時10分 (2017年11月21日 10時57分 更新)

新幹線と在来線が線路を共用する青函トンネル区間を走行し、北海道の物流を支えている電気機関車EH800形が関西エリアに初登場。京都鉄道博物館で特別に展示されます。

新幹線・在来線共用区間を走る機関車

 京都鉄道博物館とJR貨物は2017年11月15日(水)、EH800形交流電気機関車を1両、京都鉄道博物館で特別に展示すると発表しました。


青函トンネルを走り、本州~北海道間の物流を担うEH800形電気機関車(画像:JR西日本)。

 EH800形は、北海道新幹線と在来線が線路を共用する青函トンネル区間で、おもに貨物列車を牽引している電気機関車。2016年3月の北海道新幹線開業(新青森~新函館北斗)に合わせて導入された車両で、新幹線と在来線、それぞれの電気や信号に対応しているのが特徴です。普段は東青森駅と函館貨物駅のあいだを走行しており、関西エリアへの入線、展示は今回が初めてだといいます。

 展示期間は2018年1月20日(土)から28日(日)。あわせてコキ107形コンテナ車2両や各種コンテナも展示される予定です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!