3

米の「カムリ」人気はなんなのか? 現地トヨタディーラーに聞いた実際のところ

2017年11月19日 11時10分 (2017年11月24日 11時17分 更新)

2017年のSEMAショーにて、トヨタブースは「C-HR」&「カムリ」祭の様相を呈しました。日本以上にアメリカで人気という「カムリ」、実際のところどれほどの人気なのでしょうか。現地のディーラーにアポなし取材を敢行しました。

アメリカでの「カムリ」人気の実際とは?

 2017年1月の「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で世界初公開となったトヨタ「カムリ」は2017年7月、日本とアメリカでほぼ同時期に販売が開始されました。10代目となる同車はそれまでの少し上の世代をターゲットとしたような落ち着いたイメージを払拭し、とってもカッコいいスタイルとなりました。日本のユーザーにはおおむね好評のようです。それでは、アメリカでの評価はどうなのでしょうか。


「SEMAショー2017」トヨタブースにて。NASCARドライバーのカイル・ブッシュがカスタムを手掛けた新型「カムリ」(2017年11月、加藤博人撮影)。

 新型発売からおよそ5ヵ月が経過した2017年11月上旬、アメリカのラスベガスにて開催されたカスタムカーの一大イベント「SEMA(セマ)ショー2017」において、トヨタは新型「カムリ」の2018年モデルと、新たに投入された「C-HR」を中心にした出展を行いました。特に「カムリ」に関しては、標準モデルに加えてNASCARの契約ドライバー4名それぞれが手掛けた4種のクールなカスタムカーのほか、初代から10代目(現行)まで歴代「カムリ」を一堂に展示するなど、「大カムリ祭り」といえるほどの盛り上がりを見せていました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    日本のメーカーはアメリカで好まれる物を作って売っているのに文句を言われる。 アメリカのメーカーは日本で使い勝手の良くない物をそのまま買えと文句を言ってくる。 非関税障壁以前の問題。

    9
  • 匿名 通報

    元々アメリカはアメリカファーストだったけど、トランプになってから度が過ぎるね。

    1
  • 匿名さん 通報

    壊れない、燃費がいい、安い、は買う理由の半分でしかない。メンテナンス時の部品供給が圧倒的に優れているからや。カムリだけに注目しているから大事な事を見落とすのや。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!