36

「定年後に1億円」は本当に必要なのか

2017年11月20日 07時17分 (2017年11月21日 15時11分 更新)

「定年後は何かしなきゃ、生きがいをもたなきゃ病」の呪縛をとく『定年バカ』(著、勢古浩爾/SB新書)

[拡大写真]

 一番心配なのに、一番どうにもならないのが、お金である。そこを押して、なんとかならないものかな。おあつらえむきに、奥村彰太郎氏(ファイナンシャルプランナー)の『定年後のお金の不安を解決する本』(知的生き方文庫、2014)という本がある。そうか「お金の不安を解決」してくれるのか、そんな不安ならしこたまあるよ、と思って読んでみたが、ふふ、やはりそんなうまい話、あるはずがないのである。

 ただ、年金の得なもらい方とか、保険の選び方とか、ローンの繰り上げ返済とか、葬儀費用の節約の仕方とか、どんな本にでも書いているようなことが書かれているだけである。当然ながら現在の貯蓄が倍になる方法とか、そういうことはない。

 「年金でどう生活していくかを考えることが、お金の不安を解消する第一歩」ということで、「年金をもらいながら働く」方法とか、年金で足りない部分は働くかなにかして補わなければならない、などと書かれているが、みんなすでに、誰からいわれなくてもやっていることばかりである。

 最後に、奥村氏はけっこう図々しいことをいっている。「みなさんのお金の不安は解決したでしょうか? 人によって、お金の状況はまちまちですから、さまざまなご意見があることでしょう」。そんなに意見がないから、あなたの本を読んでみたのだが、「預貯金が足りないのであれば、確定拠出年金やNISAなど非課税の金融商品の利用を考えみる」「何か不安のもとをつかめば、対応策はいくらでもあるのです」と、素っ気ない態度。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 36

  • 匿名さん 通報

    定年までに遊びまくって無一文になれば医療費・介護費・水道光熱費全部無料の生活保護生活ができるよ。

    16
  • 匿名さん 通報

    ⬆国民年金より月額多くもらえるし、税金や保険料、それに医療費の窓口負担もない。アパートの敷金、礼金も出してくれる。

    13
  • 匿名さん 通報

    定年までに1億円くらい貯めておこうよ。日銀を使った株価対策をやってるから株式投資で儲かる。1億円も貯められない無能は世の中から退場するしかないね。

    9
  • 匿名さん 通報

    生活保護が年金より多いとか、いまだにガセネタを信じている情弱がいるとは笑える。そんな事実は日本中どこをさがしても実在しない。

    8
  • 匿名さん 通報

    国民年金より月額多くもらえるし > デマです。貰えませんよ。

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!