0

次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?

2017年11月22日 07時00分 (2017年11月24日 14時52分 更新)

フクシンが開発した「深藍杢調生地」のシートカバー

[拡大写真]

トヨタ自動車が、次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」が話題になっている。乗り降りしやすいフラットな低床とスライドドアを採用。観光客のほか、車いすの人や子どもから高齢者まで、さまざまな人に快適さを提供するタクシー専用車だ。

この次世代タクシーの発売に合わせて、もう一つ、タクシーに乗車すると必ず目にする、あるモノが開発された。それが......

「おもてなしの心」を表現するシートの生地を模索

シートカバーリース業を営むフクシン(千葉県市川市)は、JPN TAXIの発売に合わせて、繊維大手の帝人フロンティアと共同開発した、新しいタイプのシートカバーを導入した。

2017年10月23日に発売されたトヨタのJPN TAXIは、ボディーカラーには日本を象徴する色としての藍色「深藍(こいあい)」を取り入れ、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催も見据えて、「日本の風景を変え、バリアフリーの街づくり、観光立国への貢献を目指す」(トヨタ)と、つくられた。

従来、タクシーでよく目にするシートカバーは「白」。しかし、今回は藍色のクルマの色に合わせて、日本の伝統的な和のイメージである深藍と、現在流行している杢調(もくちょう)柄を取り入れた「深藍杢調(こいあいもくちょう)生地」を完成させた。さらに、従来どおりの白いレース生地「手鞠柄レース生地」も開発。ラインアップに加えた。

完成したシートカバーは、業務用で、高い頻度の洗濯にも耐えられるよう、耐久性に配慮しているほか、三大汗臭(酢酸、アンモニア、イソ吉草酸)に対応した消臭機能も備えている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!