0

片づけたくなる北欧モダンな部屋づくり

2017年11月27日 18時54分 (2017年11月27日 20時00分 更新)

北欧風のすてきなインテリアが人気。「モノが多いか少ないか」ではなく、お気に入りに囲まれているから片づけがうまくいく。そんな北欧流を取り入れて、ホッコリとした自分時間が過ごせる部屋にするポイントを紹介します。

インテリア映えする収納兼用家具を選ぶ
部屋の広さや形はそれぞれに違いますが、一つの部屋にベッドや収納家具などたくさんの家具を置くと、部屋が狭くなりがちです。本来は床面の見える範囲を広くすることが、ゆったりとした部屋づくりのキーポイント。北欧の子ども部屋やアパート住まいのシングルも、部屋を広く使うための工夫をしています。

そのためベッド下が収納になっていて、ソファのように見える家具を選んだり、ロフトベッドで空間を立体活用したり、使わないときにはたたんで部屋の隅に片づけられるローテーブルを置いたりするなど、部屋での過ごし方に合った家具を選ぶことが大切です。さらに統一感のある家具選びも重要で、白か白木のものでそろえておくと、モダンでシンプルな北欧スタイルのベースができあがります。


オープン棚で実用&ディスプレイ
部屋にクローゼットが備え付けられていても、そのスペースだけではモノが収まらないといったことがよくあります。とは言え、モノを減らしてミニマムな暮らしにすることだけが解決法ではありません。北欧ではお気に入りのモノを長く大切にする習慣があり、そういった愛着品と過ごせる部屋づくりが行われています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!