0

稲垣吾郎「私が一生読み続けたい名著」

2017年12月7日 09時15分 (2017年12月8日 11時21分 更新)
「何気なく手に取った一冊で、人生が変わった」。そんな経験のある人は多いのではないでしょうか。雑誌「プレジデント ウーマン」(2018年1月号)の特集「2018年1月号(いま読み直したい感動の名著218」では、為末大さんや西野亮廣さんなど11人に「私が一生読み続けたい傑作」を聞きました。今回はその中から、歌手・俳優の稲垣吾郎さんのインタビューを紹介します――。

小学生の頃、僕が住んでいた東京都板橋区の団地の中にすごく大きな図書館ができたんです。館内にらせん階段があって、10歳の僕にはお城みたいに見えてね。そこで読み始めたのが、ポプラ社の「怪盗ルパン」シリーズや「名探偵ホームズ」シリーズ。特にルパンが大好きで。
『奇巌城』とか『緑の目の少女』とか、小学生向けなんだけど時代背景がしっかり描かれていて、歴史の勉強にもなりました。小説に出てくる1900年代初頭のヨーロッパのファッションや文化にも憧れて、ワインに興味を持ったのもそれがきっかけかもしれない。
そこから赤川次郎さんとか、日本の推理小説も読むようになって。江戸川乱歩も好きだったなぁ。あのおどろおどろしい世界が当時は衝撃的でね。子ども向けの「少年探偵」シリーズだけではなく、『人間椅子』や『芋虫』など、いろんな作品を読みました。学校の図書室で借りた『クレタ島のひみつ』とか、冒険ものも好きでしたね。本の中で、空想の旅をしていました。
10代後半、20代になると、テレビや雑誌で話題の本や、自分が影響を受けた人の愛読書を読むように。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!