1

関西の住みたい街の定番!「西宮北口駅」が人気のワケ

2017年12月28日 18時18分 (2017年12月28日 20時00分 更新)

ここ数年、関西の住みたい街ランキングで常に上位にあるのが「西宮北口」エリア。兵庫県の中心地、神戸三ノ宮駅と大阪府の中心地、梅田駅の中間に位置し、「ニシキタ」の愛称で親しまれるこの街が、人々を魅了するのはなぜでしょうか。そこでニシキタエリアで多くのイベントを開催する西北活性化協議会の松山享さんにお聞きしました。ニシキタエリア、人気のワケを探ります。

ーーニシキタエリアはここ10年で、一気に人気の街となった印象があります。この間に起きた変化を教えてください。

「やはり一番大きく影響しているのは、2008年にオープンした商業施設『阪急西宮ガーデンズ』です。もともとは『阪急西宮スタジアム』という野球場でしたが、今は開放感のあるショッピングモールになっています。駅直結のとても広々した空間の商業施設で、多くのお客さんでにぎわっています。ショッピングモールの誕生で利便性がよくなり、多くの人がニシキタエリアへ訪れるようになりました」


ーーでは、西宮北口駅周辺の環境について教えてください。

「ショッピングモールのほかに、進学塾が多くあるのが特徴です。関西でもトップレベルの教育グレードといわれています。駅から徒歩数分で閑静な住宅街になりますが、ファミリーで越してきた方も多く、さらに教育に関心が高い方が多い印象です。西宮市には9校の短大・大学もありますし、将来、お子さんの進学を考えてもとても良い環境だと思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    西宮は平清盛が京都から遷都させた町です。海にも近く六甲山の山並みが美しい、伏流水が水源なので、水が美味しく風呂の水まで違います。新築マンションは東京より安いですが1億円ほどです。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!