0

あの柳井社長だって悩んでる 後継者づくりの「3つのポイント」(大関暁夫)

2018年1月11日 07時00分

立派な後継者に引き継ぎたいけど……

[拡大写真]

あけましておめでとうございます。2018年もよろしくお願いいたします。

年初にあたり、カジュアル衣料の「ユニクロ」を運営するファーストリテーリングの柳井正会長兼社長が、事業承継の難しさについて興味深いお話を語っておられましたので、少しご紹介しておきたく思います。

事業を伸ばす才能と後継者を育てる才能は別物だ!

ご承知のように柳井正氏は、父が興したローカルな洋品小売りの会社を一代で世界的な規模のアパレル製造・販売会社に押し上げた人物です。氏の著書のタイトルにあるように、「一勝九敗」という数え切れない失敗にもへこたれない姿勢が、氏の成功の陰にはあるのだと言います。

その数ある失敗の中でも、後継者づくりに関しては、世間の注目を集めた分だけ大きな失敗として記憶されているところであります。2002年、当時常務だった玉塚元一氏(現ハーツユナイテッドグループ社長)に社長の座を譲り50代での第一線からの引退意向を表明したものの、3年弱で玉塚社長を解任し、再び自ら社長として経営トップの座に舞い戻ったのでした。

一般に、よく言われることでもありますが、経営トップとして事業を企画し業績を伸ばし企業をリードしていく才能と、後継者を育て、その者に経営権を委譲していく才能はまったく別物である、は真理のようです。

柳井氏の後継者問題に関してのその後の至って慎重な姿勢を見るに、ワンマン経営者の後継者づくりの難しさと失敗をした際の痛手の大きさを如実に物語っているように思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「あの柳井社長だって悩んでる 後継者づくりの「3つのポイント」(大関暁夫)」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!