0

不動産投資の確定申告 煩わしい作業を効率的にするには?

2018年1月13日 18時00分 (2018年1月16日 19時51分 更新)

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は野瀬大樹氏がお答えします。

3年ほど前から会社員の傍ら、不動産投資をしています。毎年なんとか順調に利益が出て、納税も行ってきました。そろそろ“魔の確定申告”の時期が近づきつつあります。不慣れなため、いつも作業に相当な時間を取られてしまいます。確定申告を最短で効率的にこなすスキル等ありましたら、教えていただきたく思っています。
(40代前半 既婚・子供2人 男性)

野瀬:確定申告シーズンですね。私もこの時期は確定申告関連のセミナーをたくさん行うので、さまざまな質問をお受けします。


確定申告は税理士に頼むべき?

そのなかでも、よく受けるのが「自分でやるべきか、税理士にやってもらうべきか」という質問です。

私自身も不動産投資をしており、その経験から「不動産投資を含む個人の投資レベルであれば、税理士にお願いせずとも自分自身でやったほうがコストがかからずお得です」と答えています。

個人の確定申告書作成の場合、税理士への報酬の相場は2万円~3万円程度です。

ただ、個人の投資の確定申告作業はさほど難しくありません。株式投資やFXはもちろん、不動産投資も在庫のいらないシンプルなビジネスですから関連書籍などで学んで対応することも十分可能です。

いわゆる事業規模(≒5棟or10室以上)と判断されるぐらいの不動産投資や、不動産の売却が生じた年については税理士さんにお願いするほうが無難かとは思いますが、そうでなければ個人で対応したほうが基本的に費用対効果がよいです。


確定申告3つのステップ

不動産投資の確定申告は非常にシンプルであり、難しくはありません。行う作業は基本的に3つです。


1:家賃収入の確定

家賃の滞納がない限り、銀行への入金記録から簡単に追えるでしょう。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!