0

『鉄道 ザ・ラストラン』創刊 廃止列車・引退車両をDVD付きで特集 

2018年1月14日 14時10分 (2018年1月18日 12時57分 更新)

デアゴスティーニ・ジャパンが、隔週刊誌『鉄道 ザ・ラストラン』を創刊。全号、ラストランの模様などを収録したDVD付きです。

創刊号特別付録は、1982年の「国鉄路線MAP」

 デアゴスティーニ・ジャパンは2018年1月11日(木)、名列車・名車両のラストラン映像などを収録したDVD付きの隔週刊マガジン『鉄道 ザ・ラストラン』を2月13日(火)に創刊すると発表しました。


『鉄道 ザ・ラストラン』創刊号の表紙イメージ(画像:デアゴスティーニ・ジャパン)。

『鉄道 ザ・ラストラン』は、廃止された列車や引退した車両を毎号ひとつずつ取り上げます。創刊号は寝台特急「北斗星」、2号は0系新幹線、3号は寝台特急「富士・はやぶさ」です。誌面では、列車や車両の誕生から廃止・引退に至るまでの歴史や各種データを解説。DVDでは、ラストランの模様、沿線各地での走行シーン、車両の詳細などを収録しています。

 創刊号は1982(昭和57)年の全路線を掲載した「国鉄路線MAP」が、2号はDVDをコレクションできる専用バインダーが、それぞれ特別付録として付きます。また、創刊号から25号までを購読すると、寝台特急「北斗星」のアメニティセットがプレゼントされます。

 創刊号は特別価格390円(税込)、2号以降は通常価格1190円(税込)。隔週刊で全75号の予定です。一部地域を除く全国の書店や、デアゴスティーニ・ジャパンのウェブサイトなどで購入が可能です。

【画像】寝台特急「北斗星」アメニティセットの中身は


創刊号~25号購読者への特典、寝台特急「北斗星」のアメニティセットは、ロゴ入りのタオルやピンバッジなど。画像はイメージ(画像:デアゴスティーニ・ジャパン)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!