47

「投資などやめろ」と言うアンチ株式投資派への疑問

2018年1月15日 07時00分 (2018年1月16日 14時46分 更新)
平成不況に入って間もないころ、ある大手証券会社のOBが晴れ晴れした表情で言った。「株を持っていて本当によかった」。彼は駆け出し社員のころ、昭和40年の証券大不況に見舞われた。当時最大手だった山一證券の破綻がささやかれるなか、勤務先の経営も厳しくなり、株価は30円台にまで下落した。「会社のピンチを救おう」と熱弁を振るう上司に勧められるまま、社内融資制度を利用して、1万株を購入した。

バブル期に株価は購入時の120倍に達した。しかもこの間、会社はいわゆる無償増資を繰り返したので、株数もぐんと増えている。自社株投資制度で少額ながら継続的な購入も続けていた。バブルが去った退職後、持ち株の一部を売却した。それでも純益は5000万円を超えた。

彼は稀有の成功者なのだろうか。株式投資では得した人も損した人もある。一概に株式ドリームを強調すべきではないだろう。だが、失敗した人の多くは短期かつ高リスクに偏重したお金の入れ方をしているようだ。反対にこの元証券マンのように、超長期でじっくり投資を続けた人に成功例が多いと思う。

長期の証券投資が資産運用と企業の成長促進の両面でプラスになることは、官民のコンセンサスになっている。長期の証券積み立て投資であるNISAや積立NISAに税制メリットを付けている理由でもある。

ところが、根強いアンチ証券投資派も存在する。「投資などやめろ」という書籍さえ出ている。その投資理論への切り口や「東京オリンピック後は未曽有の不況に陥る可能性があるので、投資などしないほうがよい」といった見方には、強い違和感を覚える。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 47

  • 匿名さん 通報

    投資は自己責任です。あと上がったものは必ず下がるのが必然です。ではいつ下がるのか?過去最長の景気拡大になってきていることを考えるとそう先のことではないでしょう。くわばらくわばらw。

    18
  • 匿名さん 通報

    ふんふん。安倍ポチが株を推奨しておるな。じゃあいっぱい買えば?笑 どうなるか楽しみだな。

    12
  • 匿名さん 通報

    日銀の異次元緩和とGPIFのポートフォリオ変更の影響もあり、日経平均株価が官製相場と言われる状況なので遠慮する人もいる。まともな株式市場なら安心して投資できるんだけど。

    11
  • 匿名さん 通報

    どんな商売だって、必ず売れるとは限らない。いくらかは売れ残る。どんな商売だって博打なんだよ。投資で破綻するのは数年に一件だが、他の業種じゃ毎年千件が倒産してんだろ

    8
  • 匿名さん 通報

    株式投資を批判することは資本主義を否定すること。

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!