0

臨時急行「おが」運転 新宿~河口湖間の快速はE257系500番台に JR東日本

2018年1月19日 17時25分

JR東日本が、春に運転する増発列車の概要を発表。急行「おが」や、「ばんえつ物語」の客車を使った快速「那須野物語」などの運転が計画されています。新宿~河口湖間の臨時快速は、E257系500番台に置き換わります。

春の臨時列車、各地で運転

 JR東日本は2018年1月19日(金)、春に運転する増発列車の概要を発表しました。

 急行「おが」は6月16日(土)に、奥羽本線・湯沢駅(秋田県湯沢市)と男鹿線・男鹿駅(秋田県男鹿市)のあいだを1往復。列車は全車指定席で、ディーゼル機関車+12系客車4両+ディーゼル機関車の編成で運転されます。「おが」は、かつて上野~秋田間などを結んでいた夜行急行と同じ列車名です。

 土休日を中心に運転される快速「ホリデー快速富士山」「山梨富士」や、金曜運転の快速「富士山」(いずれも新宿~河口湖)は、車両が189系6両からE257系500番台5両に置き換わります。189系が使われる最終日は、「ホリデー快速富士山」が3月11日(日)、「富士山」が3月16日(金)です。

山梨富士」と、3月17日(土)以降の運転日の「ホリデー快速富士山」「富士山」は、E257系500番台が使われます。「ホリデー快速富士山」は普通車指定席と普通車自由席、「山梨富士」「富士山」は全車普通車指定席です。


快速「ホリデー快速富士山」「山梨富士」「富士山」に使用されるE257系500番台のイメージ。写真は特急「しおさい」(画像:photolibrary)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!