3

知っておきたい「一生賃貸」にひそむリスク。あなたに向いているのは持ち家?賃貸?

2018年2月1日 08時00分

家を買うというリスクを冒したくない、住みたいところに住み替えしやすい、などの理由から、『一生賃貸』でいいと思っている人もいるでしょう。でも「買わないリスク」というのもあります。どんなリスクがあるのでしょう。また、『一生賃貸』に向いている人とはどんな人なのでしょう。不動産を通じたライフプランに詳しいファイナンシャルプランナーの永田さんに聞いてみました。

一家の稼ぎ手に万一の事態があったときにリスク大

持ち家:住宅ローンの支払いは「団体信用生命保険」で残債が「ゼロ」に
賃貸:家賃が払えず「引越しを余儀なくされる」ことも

「よく比較される賃貸と購入ですが、お金の面では住居費の総額は条件次第で変わるため、一概にどちらがトクかは断言できません」という永田さん。では『一生賃貸』のリスクはというと、まずは「万が一のときの保証」が挙げられると言います。

「借り続けることへの対抗軸に上がるのが、住宅ローンを組んで購入すること。この住宅ローンを組む際には多くの場合、団体信用生命保険に加入します。万一、ローンを組んだ人が亡くなった際、残債がゼロになる保険です。その結果、残された家族には住み続けられる場所と資産を残すことができます。賃貸の場合は世帯主が亡くなっても家賃を支払い続けなければなりません。家賃を抑えるため、引越しを余儀なくされることもあるでしょう。そのため『一生賃貸』を選択する場合は、生命保険の加入や、日ごろからの貯蓄などでリスクを軽減するための備えが必要となるでしょう」(永田さん)

住宅ローンが払えないvs家賃が払えない。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「知っておきたい「一生賃貸」にひそむリスク。あなたに向いているのは持ち家?賃貸?」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    賃貸と持ち家では土地の価値分だけ持ち家が得になる。土地を跡取りに残したいなら持ち家で、それが居なければ一生賃貸で良い。また裏を返すと、賃貸は土地の価値分だけ大家の儲け。

    0
  • 匿名さん 通報

    持ち家には得があるが、途中で手放すのは大損。このリスクが無いことが絶対条件。しかし、現在ではこれがけっこう難しい。共稼ぎの地方公務員が理想かな。

    0
  • 匿名さん 通報

    厚生年金だけの収入では良い条件の賃貸に住めない。古いマンション所有は管理費と修繕費が高いのが問題。戸建て持ち家は我慢すれば安く住める。厚生年金だけでも生活はできる。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!