0

わざわざ引っ越しても入りたい。町田自然幼稚園の魅力とは?

2018年2月5日 11時04分 (2018年2月12日 10時55分 更新)

多摩丘陵の雑木林の中に立地。豊かな自然にプラスアルファの魅力


町田自然幼稚園があるのは東京都町田市の、JR・小田急線町田駅から少し離れた住宅地。多摩丘陵の斜面を生かした敷地は約1600坪(5280m2)と広大で、雑木林の緑の中にある。子どもたちはその中を走り回ったり、ドングリを拾ったり、虫を眺めたりとそれぞれが好きなように遊んでいる。走っても、飛び跳ねても怒られかねない都心の公園を考えると、ここはエネルギーに満ち溢れた子どもたちが好きなように身体を動かせる天国のような場所だ。敷地内の高台に位置する木造の建物には大きな窓が取られており、開放的で明るい。園庭だけでなく、建物内も子ども達にとっては楽しい空間のようだ。

空間があるから楽しいというだけではない。この園と、町田市内の認定こども園正和幼稚園を運営する学校法人正和学園は、子どもが主体的にやろうとしていることに対して、あれはダメ、これもダメと言うことをしない。子ども達の主体性を尊重、意欲やチャレンジ精神、友達との協調性などを体感できるよう、アクティブ・ラーニングという体験学習を積極的に取り入れているのである。

アクティブ・ラーニングは幼稚園では平成30年度から(小学校では32年度など子どもの年齢によって時期は異なる)実施される新しい学習指導要領に盛り込まれているもので、文部科学省は「課題の発見・解決に向けた主体的・協働的な学び(いわゆる「アクティブ・ラーニング」)」と表現している。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!