0

猫専用アパートの猫も人も幸せに暮らすアイディア。人気物件の秘密とは

2018年2月13日 11時04分 (2018年2月19日 16時55分 更新)

入居待ちが途絶えない猫専用アパート


猫専用アパート「Gatos Apartment」(ガトスアパートメント)は、杉並区の住宅地にある賃貸併用住宅だ。一戸建ての1階部分は2つの賃貸物件、2階にはオーナーである木津イチロウさんご家族が住んでいる。
「Gatos Apartment」は9年ほど前に建てられ、一時期は最大で50人の入居待ちがあったという。近隣の家賃と比較して、3割ほど高いのだが、それでも入居待ちが絶えない。
木津さんは、コンサルタントとして不動産会社やオーナーから相談を受けるほど、猫共生物件に長けた大家さんとして有名だ。だが、「Gatos Apartment」をはじめる前まで、大家になることはもちろん、家を建てるなんて全く考えていなかったと言う。



"ペット共生"は犬向けの物件ばかり


「当時、一戸建てを借りて妻と暮らしていました。収入や状況に合わせて住まいを変えればいいと思っていたのと、借金が大嫌いなので家を買うなんて考えてもいませんでした。ところがある日、住んでいた一戸建ての庭に元々住み着いていた猫が、赤ちゃんを連れてきたんです。目ヤニで目が開かなくなってしまっていて、2回手術をしました。外に出しておくこともできないので部屋に入れたのですが、その物件はペット不可で…。急いで猫と一緒に暮らせる賃貸物件を探しましたが、"ペット共生"と言われて見に行くと、ドックランに、足の洗い場、玄関にはリードフックが掛けられる…と、ペット共生といいつつも、全て犬用の物件だったんです。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!