36

アルファード/ヴェルファイアの深い悩み

2018年2月13日 06時33分 (2018年2月14日 07時31分 更新)

トヨタ全モデルの中でも「売れるクルマ」であるアルファード/ヴェルファイアのマイナーチェンジが行われた

[拡大写真]

 トヨタ自動車はアルファード/ヴェルファイアのマイナーチェンジを行い、1月8日に発売した。

 価格は335.5万円から751万円。立派な高級車の価格であるにもかかわらず、ピークの2015年には国内でアルファード/ヴェルファイアの兄弟車合計で年販10万台超えを達成した。17年実績でも9万台オーバー。合計とはいえその台数はヴィッツに匹敵する。トヨタでも屈指の売れるクルマだ。

●マイナーチェンジの中身

 マイナーチェンジで最も力が入っているのは予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」の第2世代の初搭載だ。従来トヨタは比較的安価な「Safety Sense C」と上級版の「Safety Sense P」の価格帯ハイロー戦略を取ってきたが、第2世代ではこれを統一し、車両の価格に関係なく同等の安全が確保できることを目指すという。

 それは、カメラとレーダーが小型化された恩恵であり、ヴィッツ・クラスであっても取り付けが可能なサイズまでユニットをコンパクト化できたことによる。ただし、現実問題として車両の基礎設計年次によってはセンサーやフィードバック系のチャンネルが違うため、機能のすべてが完全に同等というわけにはいかない。ただ、トヨタの方針としては、それをそろえていく決意なのだと言う。

 パワートレインはV6 3.5リッターと、直4 2.5リッターに加え、ハイブリッドという構成になる。乗って見るとやはりV6が良い。

コメント 36

  • 匿名さん 通報

    低価格の車にも安全装置を搭載するホンダやスズキ。安全装置を高い車の目玉として搭載するトヨタ。高齢者の事故を無くそうという気が全く無いトヨタ。いつも他社の後追い。

    28
  • 匿名さん 通報

    中国人白タク経営者とDQN御用達の車

    26
  • 匿名さん 通報

    元々がトヨエースと言う荷物運びの安い商用車がベース。乗り心地など期待できるような車ではなかった。よくぞ進化したが、値段が高すぎる。

    21
  • 匿名さん 通報

    床がブルブル振動するのは本当だしつらい。キャプテンシートだったかの車両に乗って長距離走ったけども、2列目だと疲労がすごかった。運転してる限りはそうでもないんだけど…。

    15
  • 匿名さん 通報

    知人のに乗せてもらったが、いい車と期待して乗ると裏切られる。結構振動や騒音があるし、乗り味も良くない。

    15
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!