0

引っ越し費用を安く抑えたい!「セルフ引っ越し」で家財を壊さないための鉄則

2018年2月13日 14時12分 (2018年2月13日 16時00分 更新)

何かとお金のかかる、新居への引っ越し。予算を大きく抑える方法の一つに、「セルフ引っ越し」があります。一人暮らしならばなおさら、業者に頼まずに友達に協力してもらい、お金をかけずに引っ越しをしたいところですよね。

とはいえ、自分たちで手当たり次第に取り掛かったら、大切な家財が壊れてしまい、業者に頼む以上にお金がかさんでしまった……という話もよく聞きます。そこで今回は、「運転手付き・トラックレンタルサービス」で数々の「セルフ引っ越し」をサポートしてきた、株式会社ハーツの山口さんに、家財を壊さないための鉄則を教えていただきました!


――セルフ引っ越しで、特に壊れやすい家財はなんですか?
「大型の家財は大きくて重いため、落としたりぶつけたりしやすいので、要注意です。また、格安で販売している自分で組み立てるタイプの家具は、引っ越しを前提にしていない設計が多いようで、壊れやすいですね。また、分解すると再度組み立てができない、なんてこともあります」


――家財を壊さないためのテクニックを教えてください!
「大きな家財は、できるだけ軽くしておきましょう。タンスなどは中身を全部出し、場合によっては引き出しを出して、別々に運びます。運ぶときは、ゴム軍手を付けて、ゆっくりと経路を確認しながら、慎重に。階段を上り下りするときは、力がある人が下側に回ります。人数は多い方が家具の破損、けがのリスクも減らせるので、できるだけたくさんの友人に協力してもらいましょう」


――食器など、割れやすい小物を運ぶ際のテクニックも教えてください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!