4

伊東屋の社長が「絵」でノートを取る理由

2018年2月13日 09時15分 (2018年2月14日 09時11分 更新)
■「言葉」より「絵」の方がイメージを伝えられる
私はノートをよく取るほうで、社内の会議でも発言者の話を聞きながらずっと何かメモしています。
書き方には私なりの流儀があります。ノートを見開きにして、右ページはほかの人が話した内容の要点を記録し、左ページには話を聞きながら自分が気になることや思いついたことを書きつけていくのです。
ただし、1度書いたノートを後で見返すことはまずありません。書く目的が、話を頭に叩き込むことにあるからです。実際、書けばその内容を記憶してしまうので、メモをもう1度見る必要はないのです。
ノートのあちこちには絵を描いています。車のデザインを学んでいたので絵を描くこと自体が好きだということもありますが、たいていは会議に出席していて「こうやったら売れるのではないか」と思い浮かんだアイデアを残しておくためです。文字と違ってノートの左右どちらに絵を描くかは意識していませんが、右ページから描きはじめることが多いですね。
たとえば、今開いているノートの絵を見てください。これは、「クリスマスカードの売り上げが落ちている。しかし、クリスマスに自分で飾り付けをした贈り物をしたいという需要はある」という話を聞いた会議中に描いたものです。
この絵が完成するまでのプロセスを説明しましょう。
まず、贈り物であるクリスマスソングの鳴る飾り付きメロディーカードの商品価値を考えます。すると、メロディーカードをもらったとしても紙であるため、耐久性がなくてきれいなまま保存することは難しいということに気付きます。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    デザイナー気取ってる社長だから銀座伊東屋リニューアルをコレジャナイ感満載のコンセプトショップに変えてしまった。行けばたくさんのこだわり文具がひしめく「文具屋」の伊東屋が好きだったのに。

    3
  • 匿名さん 通報

    伊東屋という社名を聞かないので、このアイデアにたいした価値がないと読まずに分かるww

    2
  • 匿名さん 通報

    伊東屋さんのHPを見ると料理の写真がプロじゃない。デジカメ時代の自称写真家の写真はこんなもの。カメラを向けてシャッターを切れば自分が写真家になったと思い込んでいる。

    1
  • 匿名さん 通報

    うん 22:40が 東京 神奈川 大阪 京都 に住んでないのが 分かる。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!