0

保険に複数加入、妊娠中に夫の収入だけで保険料支払える?

2018年4月23日 18時30分

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は花輪陽子氏がお答えします。

34歳、貯金は60万円です。結婚1年目ですが、身近な将来も老後も不安です。夫は会社員で、手取り19~25万円。姑は介護施設に入所しています(本人の国民年金で賄う)。今後、妊娠・出産したら、個人事業主である私の収入がなくなり(仕事がリラクゼーションのため、妊娠中はできません)、夫の収入のみになります。結婚式や引っ越しなどでこれまでの貯金を使い果たし、もうほとんど蓄えがありません。

現在、月およそ10万円ずつ貯蓄しています。子供ができた場合の教育費や、老後も不安なので、個人年金(60歳より10年間、年54万円支給)と、11年目からならいつでも解約しやすいドル建ての死亡保障200万円(10年払い、11年目より元本割れのリスク少ない。最低利率3%。月払い7,000円前後)に加入していますが、収入がなくなった時に夫の給料の範囲内で払っていけるか不安です。

医療保険、死亡保障など、夫婦で月2万6,000円支払っています。車のローンは6年間あり、月1万9,000円。住む家も今後、賃貸か新築または中古を購入するかなどで悩んでいます。アドバイスよろしくお願いします。

〈相談者プロフィール〉
・女性、30代、既婚(夫:会社員)、子供なし
・職業:自営業
・居住形態:親戚の持ち家に仮住まい
・手取りの世帯月収:35万円
・毎月の支出目安:25万円

花輪:収入や支出のバランスに対して保険料が高いです。今後収入が減ってしまった場合は、よりバランスが崩れそうです。


余裕資金の大半を保険にするのはNG!

老後が不安だからといって、余裕資金の大半を保険にするのはNGです。なぜなら、保険はある程度の期間、お金を引き出すことが難しいから(早期解約をすると元本が割れる可能性が大きいから)です。

「教育費・住宅ローン・老後資金…迫る“三重苦”の乗り越え方」でもお伝えしましたが、保険契約は後からでも変更可能です。

現在、支出が25万円ですが、仮に夫のみの収入になった場合は赤字になりそうです。まずは、その他の支出の見直しが必要ですが、保険料の支払いが難しくなった場合は契約の変更を考えてみるのも1つです。

現在の貯金は60万円ですが、「すぐに使えるお金」として少なくとも生活費の3ヶ月分は欲しいので、最低限75万円は銀行の普通預金などに置いておきましょう。


現在のお財布事情だと住宅購入は慎重に

住宅購入を検討しているということですが、現在の貯金状況からだと、しばらくは賃貸をおすすめします。住宅ローンを組んでしまうと、賃貸のように毎月の支払い金額を変更することは難しいからです。

自己資金として物件価格の2~3程度貯められてから考えてみたらよいのではないでしょうか。

たとえば、物件価格が2,000万円なら、自己資金として400~600万円程度です。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!