0

ソフトバンクの申告漏れに全投資家が関心を持つべき理由

2018年4月23日 06時30分

ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局から海外子会社の所得漏れを指摘されたという報道がありました。ニュースが話題になったのは、その金額の大きさが一因。約939億円の申告漏れを指摘されたのです。

最終的にSBGが支払った税金は約37億円で済んだということですが、今回の一件は同社の経営にどのような影響があるのでしょうか。


過去4年間に及んだ巨額の申告漏れ

そもそも、なぜ今回のような事態が起きたのでしょうか。買収した海外企業がタックスヘイブン(租税回避地)に子会社を持っていて、その節税額が日本の税法上はSBGと合算して所得として申告しなければならないとみなされたそうです。

問題となったのは、2013年に買収した米国の通信会社スプリントと、2014年に買収した米国の携帯電話卸であるブライトスターの2社。タックスヘイブンであるバミューダ諸島とシンガポールに子会社を設立し、保険の受取金などの収入をこの子会社が受け取ることで利益を移していたといいます。

今回の申告漏れは意図的に行ったわけではなく悪質ではないということで、重加算税などのペナルティは発生しなかったもようです。SBGには過去の損失があったことから、それも税務上、相殺されて、今回の追徴税額は37億円にとどまったといいます。

このSBGの申告漏れは、同社に興味を持つ投資家にとって、どのような影響があるのでしょうか。私は3つのポイントがあると思っています。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

「ソフトバンクの申告漏れに全投資家が関心を持つべき理由」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!